アレキサンダー・マックイーンの遺灰は、彼が生前リクエストしていた土地に無事散灰されたそうです。

by Mastered編集部

今年の2月に惜しまれつつこの世を去ってしまったアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)。
彼の遺灰が、5月29日に彼の家族の手によりスコットランド西沖にあるスカイ島の村Kilmuirに散灰されたそうです。

WWDの取材に対し、マックイーンの家族は「リーは、スカイ島で過ごすことが出来た時間を大切にしており、そこでの美しさや平和、静けさを楽しんでいました。そして、Kilmuirに埋葬されることが彼の最後のリクエストでした」と答えた模様。

彼のように素晴らしい才能が消えてしまったのは非常に残念ですが、彼の最期の意志が聞き届けられ、理想の土地で永眠することが出来たのは喜ばしいことだと思います。

あらためて、ご冥福をお祈りいたします。
 
[via:vogue.co.uk]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。