今度はテレビドラマ!? マーティン・スコセッシとミック・ジャガーが再びコラボレーションへ。

by Mastered編集部

こちらは映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」

2008年に発表されたドキュメンタリー映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」でタッグを組んだ映画監督マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)とローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のフロントマン、ミック・ジャガー(Mick Jagger)が、再びコラボレートすることとなりました。

今回彼らがコラボレーションする題材は、大人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」などの製作で知られるアメリカの大手ケーブル・ネットワークHBOが企画中の、ロックを題材としたテレビドラマ「A History of Music」。
音楽業界で働く友人同士という主人公2人の40年間を通して、ロックや初期のR&B、現代のヒップホップまでを交えた音楽の歴史を描くという内容で、彼らは共同で製作総指揮を務めるようです。

そもそも本作品はジャガー発案の長編映画として企画されていたそうで、3年前には米パラマウント・ピクチャーズがスコセッシの監督作として始動させようとした経緯がある模様。現在、HBOはパイロット版の制作に向けて動いている最中とのことなので、正式な製作発表もそう遠くはない内に実現しそうです。
なお、同ドラマの脚本家は過去にHBOの別番組でスコセッシと仕事をしていたテレンス・ウィンター(Terence Winter)に決定しています。

ちなみに昨日、7月26日はミック・ジャガーの誕生日!
御年67歳を迎える彼ですが、こちらの発表を見る限りまだまだ創作意欲は衰えていないようですね。先日のW杯南アフリカ大会では「ミック・ジャガーの呪い」なんていう不名誉な報道もされてしまった彼ですが、今後も多岐にわたる活躍に期待しましょう。

[via : DEADLINE]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。