東北の職人技術と日本の美学を讃えたマーク・ニューソンによる“アートな日本刀”が世界に先駆け初公開。

by Mastered編集部

aikuchiプロダクトデザイナーとして家具から腕時計、車、ヨット、建築、そして自身の彫刻作品と多岐に渡るジャンルで数多くの革新的な作品を発表し続けているマーク・ニューソンが、ビジュアルデザインスタジオWOW Inc.とタッグを組んだアートピースを制作。1000年以上の歴史を誇り、刀身のみならず刀装具に至る全てが伝統工芸の極みとも言える日本刀を、世界に向けた視点で芸術に昇華させた作品“aikuchi”が、世界に先駆け3月20日(木)に東京美術倶楽部にて初公開となる。

作品名の“aikuchi(合口)”とは、鍔(つば)を持たない日本刀のこと。かつて日本に滞在し日本の職人たちの技術に感銘を受けていたマーク・ニューソンにとって日本刀を手掛けることは長年の夢だったそう。今作では鞘のグラフィックパターンから鍔の加工法、収納ケースに至るまで全て、実際の職人たちの意見を取り入れながら制作した。

また今回のコラボレーションは震災の影響から存続が危ぶまれている東北の伝統工芸を支援するために行なわれている。東北伝統の箪笥「岩谷堂箪笥」や東北伝統の漆塗り「秀衡塗」といった日本が誇る一流の技術が一振りの日本刀に集約された。制作に当たって来日したニューソンは、実際に東北で伝統工芸の現状や職人の技を体感。彼らに対して敬意を表してアドバイスを取り入れたことで、日本刀本来の魅力を活かしながらもコンテンポラリーなアート作品に仕上がった。

世界で10組のみ制作されたという今作。アート作品としての魅力はもちろんだが、アートという形を通して東北の魅力を世界に広めるという意義があるだけに、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

【WOW × Marc Newson “aikuchi exhibition”】
会場:東京美術倶楽部 3階
東京都港区新橋6-19-15
Tel:03-3432-0191(代)
開催日時:2014年3月20日(木)10時~17時
主催:aikuchi制作委員会(WOW inc. / Marc Newson Ltd / EXS inc. / 東北経済産業局)
w0w.co.jp/aikuchi

photography by Jesse Shadoan

photography by Jesse Shadoan

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。