Maison Margiela × Reebokが9月23日に発売

by Keita Miki

2020年1月の2020 Spring-Summer Artisanal Co-Ed Collectionにて初披露されて以来、世界中で話題となっていたMaison Margiela(メゾン マルジェラ)とReebok(リーボック)のパートナーシップによるシューズコレクションが、9月23日(水)、遂に発売を迎える。

数シーズンにわたって展開予定となる、このシューズコレクションだが、今回はMaison Margielaのアイコンシューズである『Tabi』とReebokの『Instapump Fury』を融合したシューズをフラットとヒールの2タイプで製作。

Maison Margielaのクリエイティブ・ディレクターであるJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)は、今日のエシカルな考え方とサイエンスを反映し、アメリカのスポーツウェアスタジオのクラシックスニーカーと、フランスのオートクチュールアトリエのタイムレスなアイコンシューズを見事に融合させた。

フラットシューズはMaison Margielaが2018年にローンチした”レトロ フィット”スニーカーのソールデザインを採用。ヒールタイプでは『Instapump Fury』を再解釈している。

いずれもReebokのオリジナルスニーカーと同様、アウターソールとミッドソールは様々なカラーバリエーションのラバーで構築。アッパーの背面に配された、Maison Margielaの白いステッチも見逃せないポイントだ。

カラーはフラットタイプ、ヒールタイプともに4色展開。9月23日10時より、Maison Margiela × Reebokの特設サイト、Reebok、伊勢丹新宿、阪急うめだ本店、阪急メンズ各特設サイトにてオンライン販売がスタートし、10月8日(木)からはMaison Margiela Tokyo、DOVER STREET MARKET GINZA、一部のセレクトショップでも発売予定とのことなので、くれぐれもお見逃しなく。

【お問い合わせ先】
Maison Margiela Tokyo
東京都渋谷区恵比寿南2-8-13
TEL:03-5725-2414
www.maisonmargiela.com

140,000円 + 税

180,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。