阿佐田哲也の『麻雀放浪記』が『麻雀放浪記2020』として35年ぶりに再び映画化

by Keita Miki

阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を映画化した『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)、全国ロードショーされる。

イラストレーターの和田誠が初監督した『麻雀放浪記』(1984年)以来、実に35年ぶりとなる『麻雀放浪記』の映画化。

主演として坊や哲を演じるのは、自身も『麻雀放浪記』の映画を名作の一つとして讃えている斎藤工。監督は『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017) 、『孤狼の血』(2018)の白石和彌が担当する。

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の未来。なぜ? 人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている……そしてそこは東京オリンピックが中止となった未来だった……嘘か? 真か!? 1945年の戦後からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム”麻雀”での死闘とは!?

設定を大胆に変更した新たな『麻雀放浪記』がどんな仕上がりとなるのか、今から楽しみにしておくとしよう。

映画『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工 ほか
監督:白石和彌

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。