Appleのスティーブ・ジョブズが自らの体調について書簡を公開

by Mastered編集部

011
Apple最後の参加となるMacworld Expoの開幕を前に、CEOであるスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)が自身の体調不安説について説明した手紙「Letter from Apple CEO Steve Jobs」が、Appleのサイトにて公開されています。

元々今回のMacworld Expoで、毎回恒例となっていたジョブズCEOによる基調講演が行われない、ということで一気に火がついた今回の体調に関する騒動。
しかしジョブズは手紙の中で、まず「基調講演の準備を気にすることなく、家族と休暇が楽しめた」と語り、「私も主治医も、自分が痩せていく原因が分からなかったが、まずそれを直すことが最優先事項だと決めた」としています。

幸いその原因はホルモンバランスの不均衡にあったようで、「療法はさほど難しいものではないが、回復はこの晩春になるだろう」とのこと。引き続きCEOの職を継続することも表明されています。

Appleの象徴ともいうべきジョブズの一挙手一投足は投資家にも大きな影響を与えますが、実際この発表のあとは株価が5.63%も上昇したそう。
完全に体調不安説が払拭されたとは思いませんが、いちAppleファンとして一日も早くジョブズの元気な姿が見られることを楽しみにしています。

[via : IT media]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。