アダム キメルが女優のリーリー・ソビエスキーと婚約

by Mastered編集部

今最も注目を集めるデザイナーのひとり、アダム キメル(ADAM KIMMEL)が、女優のリーリー・ソビエスキー(Leelee Sobieski)と婚約したようです。
26歳であるフランス生まれのリーリーは、父親が画家、母親が小説家という芸術一家に育ち、アートへの造詣も深い魅力的な女性。
そのためアダム キメルとの親交も厚くなり、2009年秋冬のルックブックに登場するなど公私に渡る良好な関係性が築かれ、今回婚約に至ったそう。

パリでのエキシビジョンも成功させ、ますます評価の高まるアダム キメルと、98年に出演した「ディープインパクト」以来つねに注目され、海外ではもうすぐ公開されるジョニー・デップ主演の映画『パブリック・エネミーズ』にも出演、次世代のスター候補と称されるリリー・ソビエスキー、将来性の高いふたりが幸せな家庭を築き、それぞれのフィールドにおいてさらに発展してくれると良いですね。
 
[via:Refinery29]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。