「100年ブランド」の魅力を踏襲した[LEE × BLUE WORK]のウエスタンシャツ。

by Mastered編集部

100年超えのブランドを特集する今月の本誌だが、1889年にアメリカ・カンザスの地で創業した[LEE(リー)]も、西部開拓時代を彷彿とさせる少し土臭いフレーバーが魅力の「100年ブランド」。ここに紹介するウエスタンシャツも[LEE]の定番のひとつで、長い歴史の中でそのデザインやディティールは脈々と受け継がれてきた。

ウエスタンシャツ (LEE × BLUE WORK)ワンウォッシュ 11,000円 + 税、加工 12,000円 + 税

ウエスタンシャツ (LEE × BLUE WORK)
ワンウォッシュ 11,000円 + 税、加工 12,000円 + 税


100年超えのブランドを特集する今月の本誌だが、1889年にアメリカ・カンザスの地で創業した[LEE(リー)]も、西部開拓時代を彷彿とさせる少し土臭いフレーバーが魅力の「100年ブランド」。ここに紹介するウエスタンシャツも[LEE]の定番のひとつで、長い歴史の中でそのデザインやディティールは脈々と受け継がれてきた。

タイトなシルエット、そして“馬から落ちた時でも脱げやすいように”と生まれたスナップボタンは、実用性から編み出されたものながら、次第にそのファッション性が注目されるようにもなった歴史がある。今回[BLUE WORK(ブルーワーク)]が[LEE]とコラボレーションしたウエスタンシャツは、ヨークやスナップボタン、フラップポケットなどのオリジナルディティールは活かしつつ、[BLUE WORK]のインヴィジブルシャツのディティール、パターンを取り入れ、襟に“隠しボタンダウン”を施すことで、大きくイメージを変えることなくアップデートした。

定番をほんの少しアレンジすれば “イマ”になる。これが「100年ブランド」の最大の魅力で、そのもっともスマートな活かし方がこのシャツにはしっかりと踏襲されていると言えるだろう。

【お問い合わせ先】
トゥモローランド ルミネ新宿店
TEL:03-5339-6915

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。