「大戦モデル」を復刻。Lee ARCHIVESから待望の新作が登場

by Nobuyuki Shigetake

Lee(リー)の伝説的なプロダクトたちを現代に蘇らせるプロジェクト・Lee ARCHIVES。その待望の新作アイテムが発売された。

2019年以来2度目のリリースとなる今回は、1942年の第2次世界大戦当時の物資統制による、衣料品における素材や金属などの部材簡素化によってディテールの変更を余儀なくされた『COWBOY JACKET』と『COWBOY PANTS』を復刻。

1930年代に誕生した『COWBOY JACKET』は、物資統制によってボタンはCOWBOY刻印から汎用月桂樹ボタンへと変更されており、ワークウェアを誇示するトリプルステッチはダブルステッチに。また、胸ポケットのフラップは縫製工程を軽減するため、丸みのある形状となり、さらに、バックルバックは廃止され、リベットとプリーツのみに省略されている。そして、Leeと言えば左綾だが、こちらは1944年まで採用された右綾仕様となっている。

同じく『COWBOY PANTS』も、トップボタンに汎用月桂樹ボタン、フライボタンは無刻印のものに変更。そしてコインポケットのリベット、バックポケットのステッチ及び補強布が省略され、本来、前ポケットと股部に使用されていた銅や真鍮のリベットに代わり、鉄製無着色のLee刻印が入った、通称”UFOリベット”に変更されている。

いずれも、この時期に生産されたアイテムだけに見られる、特異なディテールが大きな特徴だ。

販売は、全国のLeeの直営店および、Leeの公式オンラインショップにて既に実施中なので、気になった方は店頭にて実物のチェックを。

【お問い合わせ先】
Lee Japan
TEL:0120-026-101
http://www.lee-japan.jp

30,000円 + 税

20,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。