京都の大規模国際写真祭『KYOTOGRAPHIE』が開催。

by Mastered編集部

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』が、4月23日(土)から京都市内の各会場で開催される。

kyotography
『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』が、4月23日(土)から京都市内の各会場で開催される。

4回目の開催となった今回は、“Circle of Life いのちの環”をテーマに、繰り返される歴史、生と死の意味するもの、他とのつながりを写真を通して改めて考える。京都市内の非公開の町家や寺院などの歴史的建造物や近現代建築といった特別な会場で、国内外の気鋭アーティストの作品や貴重な写真コレクションを鑑賞できる14もの展覧会が行われる。

写真家Sarah Moonが、パリの自然史博物館で発表した植物標本や動物の剥製をモチーフにして制作した『Late Fall』、Christian Sardetが顕微鏡でプランクトンを撮影し、それぞれの美しさや存在意義を提示した作品を坂本龍一の音楽や高谷史郎のインスタレーションによって演出した展示のほかに、『Vogue』や『Vanity Fair』といった雑誌を通じて100年以上にわたってファッション写真を世に送り出してきたCondé Nast社のアーカイブも展示。さらにEdward Steichen、John Rawlings、William Klein、Helmut Newtonなど名だたる写真家の作品が一堂に集結する。

期間中は写真展示のほか、様々なトークイベントやプログラムが行われるので、詳しい内容や展覧会の詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

【KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016】
会期:2016年4月23日(土) 〜5月22日(日)
主催:KYOTOGRAPHIE 実行委員会
共催:京都市、京都市教育委員会
www.kyotographie.jp

1

Sarah Moon, The one before last, 2011 © Sarah Moon

2

Christian Sardet, Radiolarian Spongodiscus biconcavus from Shimoda bay, 2015 ©Christian Sardet and The Macronauts for KYOTOGRAPHIE / Plankton Chronicles Project

3

John Rawlings, American Vogue, March 1943 © 1943 Condé Nast

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。