忘れ去られた白スニーカー。[K・SWISS]の名品が再び新鮮。

by Mastered編集部

どんなスタイルにも合わせやすく、そのシンプルで“気負わない感じ”が、大人になるほど手放せなくなってくる白スニーカー。数々のブランドからオールホワイトのモデルが出ているが、80年代以降の定番といえば[K・SWISS(ケー・スイス)]だろう。
『Classic 66 JPN』:18,000円 + 税

『Classic 66 JPN』:18,000円 + 税

photography:Kengo Shimizu
text:Yukihisa Takei(HIGHVISION)

どんなスタイルにも合わせやすく、そのシンプルで“気負わない感じ”が、大人になるほど手放せなくなってくる白スニーカー。数々のブランドからオールホワイトのモデルが出ているが、80年代以降の定番といえば[K・SWISS(ケー・スイス)]だろう。

多くの人を虜にしたこの5本ラインのシューズは、久しくストリートの本流から忘れ去られていたが、近年本格的に復活。1966年に生まれた同ブランドの定番『Classic 66』の人気が沸騰した、80年代にリリースされたモデルが2つの形で復刻した。

ひとつは80年代チェコスロバキア製だったデッドストックを、ジャパンメイドで復刻した特別モデルの『Classic 66 JPN』、そしてもうひとつは極めてベーシックな『Classic 66』。ぱっと見の区別は難しいが、ジャパンメイドのモデルは若干の細身で、より大人な作り。懐かしい人も、初めて知った人も、そろそろ“買いドキ”な白スニだ。

【お問い合わせ先】
wadi showroom
TEL:03-6451-0924

『Classic 66 JPN』

『Classic 66 JPN』

『Classic 66 JPN』

『Classic 66 JPN』

『Classic 66』:13,000円 + 税

『Classic 66』:13,000円 + 税

『Classic 66』

『Classic 66』

『Classic 66』

『Classic 66』

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。