柄本佑 × 石橋静河 × 染谷将太。映画『きみの鳥はうたえる』が9月1日に公開

by Keita Miki

函館の映画館シネマアイリスの開館20周年を記念して製作された映画『きみの鳥はうたえる』が9月1日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかにて、全国順次公開される。

© HAKODATE CINEMA IRIS

『海炭市叙景』(2010)、『そこのみにて光輝く』(2014)、『オーバー・フェンス』(2016)に続く、佐藤泰志の小説の映画化4作目となる本作。

監督を務めたのは、『Playback』(2012)、『THE COCKPIT』(2015)など意欲的な作品を制作してきた三宅唱。原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館へ移し、現代の物語として大胆に翻案した。

語り手である「僕」を演じるのは、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018)の柄本佑。友人・静雄役は、若手随一の実力派俳優、『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』の染谷将太。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)で数多くの賞を獲得した石橋静河が、ふたりの男たちの間を行き来する佐知子役を透明感あふれる演技で魅せる。

3人が過ごす何気ない日常を、かけがえのないきらめきと共に描いた、”今を生きる私たちのための青春映画”をくれぐれもお見逃し無く。

『きみの鳥はうたえる』

2018年9月1日(土)新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかロードショー
2018年/106分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱
原作:佐藤泰志(『きみの鳥はうたえる』)
音楽:Hi’Spec
撮影:四宮秀俊
照明:秋山恵二郎
録音:川井崇満
美術:井上心平
助監督:松尾崇
ラインプロデューサー:城内政芳
アソシエイトプロデューサー:寺尾修一
衣裳:石原徳子
メイク:石川紗織
小道具:平野藍子
キャスティング:神林理央子
スチール:鈴木淳哉、石川崇子
制作主任:小林大地
企画・製作・プロデュース:菅原和博
プロデューサー:松井宏
製作:函館シネマアイリス
制作:Pigdom
配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS
http://kiminotori.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。