Kangol 70周年記念ハンチング

by Mastered編集部

Comme des GarçonsからALIFEまで、様々なブランドとクリエーションを行い、時代にあわせて常に前進してきたKangolが70周年を迎え、その記念としてRicky PowellJanette Beckman写真回顧展と共に盛大にパーティ、700個限定のハンチングをリリースしました。さて、その購入にはある条件をクリアしないと応募することができないようです。ヒントを以下に記します。原文はこちらから。

『1918年にJakob Spreiregenが、戦後のイギリスの新しいファッションとしてバスク人が好んでかぶるベレー帽を輸入し、販売したのが皆さんご存じKangolの始まり。

その後1938年にはイギリス軍の正式な軍帽の供給メーカーとなりました。あくまでも噂ですが、Kangolの名はその編む(Knit)の”K“、”ANG“はアンゴラ、そして”OL“という規格のウールを使用していることからその名がつけられたそうです。

1950年代にはマリークワントピエールカルダンの助力などもあり、男女を問わず幅広く支持されるブランドとして成長していきます。そしてビートルズを皮切りに、1980年代にRun DMC、Eric B & Rakim、Slick RickやLL Cool Jなどヒップホップ黎明期を支えたアーティストから熱烈に支持されたことがKangolのその後の位置を決定的にしました。』

いかがでしたか?チャレンジしたい方はここからどうぞ。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。