日本人デザイナーが手がける注目のインド製シューズブランド、JVM

by Keita Miki

各13,000円 + 税
日本人デザイナー伊丹桂による、価格と品質、双方にこだわったインド製シューズブランド、JVM(ジェイブイエム)のシューズが、新たにL’ÉCHOPPEに登場する。

1989年よりイギリスに滞在し、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)やJOHN LOBB(ジョンロブ)にて靴作りを学んだ伊丹桂が、2017年秋冬シーズンよりスタートさせたJVM。

今回、L’ÉCHOPPEに入荷するシューズは、長めに設定されたタッセルシューズと、シャープなフォルムのスリッポンの2型。いずれも低価格でありながらも、上質なシープレザーを使用した高品質な1足となっており、メンズにとっては新鮮でもある。

販売は10月5日(金)からの開始予定で、カラーは2型ともイエロー、ブラウン、ホワイト、グレー、ブラックの5色展開。ともに1万円台前半というコストパフォーマンスの高いシューズなので、複数買いも視野に入れつつ、L’ÉCHOPPEへと足を運ぼう。

【お問い合わせ先】
L’ÉCHOPPE
東京都港区南青山3-17-3 1F
TEL:03-5413-4714
http://lechoppe.jp

各11,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。