鬼才Paul Randolphも参加。JAZZANOVA、1年ぶりの来日公演が開催。

by Mastered編集部

jazzanova
2012年にリリースされたアルバム『ファンクハウス・スタジオ・セッションズ』がロング・セラーを記録し、昨年7月の来日公演も大好評を博したフューチャー・ジャズ・ユニット、JAZZANOVA(ジャザノバ)。同グループによる約1年ぶりの来日公演が明日、7月25日(木)より、BLUE NOTE TOKYOを舞台に開催される。

本公演では、昨年同様、鬼才Paul Randolphがフィーチャリング・シンガーとして参加。さらに密度を増した魅惑のコンビネーションは、音楽好きならばチェックしておいて損は無さそうだ。その他、公演の詳細に関しては以下の通り。

【JAZZANOVA LIVE featuring PAUL RANDOLPH】
開催日時:2013年7月25日(木)、26日(金) [1st]Open5:30pm Start7:00pm [2nd]Open8:45pm Start9:30pm
開催場所:BLUE NOTE TOKYO
料金:7,500円
後援:ドイツ連邦共和国大使館

■MEMBER
Stefan Leisering(congas) / ステファン・ライゼリンク(コンガ)
Axel Reinemer(lapt, per) / アクセル・ライネマー(ラップトップPC、パーカッション)
Paul Randolph(vo, b) / ポール・ランドルフ(ヴォーカル、ベース)
Christoph Adams(key) / クリストフ・アダムス(キーボード)
Arne Jansen(g) / アルネ・ヤンセン(ギター)
Stefan Ulrich(tb) / ステファン・ウルリッヒ(トロンボーン)
Sebastian Borkowski(woodwinds) / セバスチャン・ボルコウスキ(ウッドウインズ)
Paul Kleber(b) / ポール・クレバー(ベース)
Carl-Michael Grabinger(ds) / カール・ミハエル・グラビンガー(ドラムス)

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/jazzanova/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。