USパンク界の生ける伝説、イギーポップが自身の写真をデザインに起用したTシャツの発売記念パーティーに出席。しかし肝心のTシャツは着用せず…

by Mastered編集部

画像は『アーカイヴ 1887』のオフィシャルサイト。

去る7月28日、御年63歳のUSパンク界の生ける伝説、イギー・ポップ(Iggy Pop)が自身の写真をデザインに起用したTシャツの発売記念パーティーに出席しました。
こちらのTシャツはアメリカのバーニーズ ニューヨークなどで取り扱われているブランド『アーカイヴ 1887(Archive 1887)』のもので、彼のステージ上でのパフォーマンス姿を胸元にインパクトたっぷりにプリントした1枚。

しかしなんと、彼は肝心のTシャツを着用せず、ジャケットの下にベスト1枚を着たスタイルで登場。勇気ある記者がその点について彼に質問を投げかけたのですが、その受け答えがとてもユニークで彼らしいものだということで海外で話題を呼んでいます。
アメリカのオンライン・マガジン「fashionista.com」によって行われた前述の質問と彼の返答は以下の通り。

— あなたは全然Tシャツを着ませんね。このTシャツを着る予定はありますか?

「俺はいつもイギー・アンド・ザ・ストゥージズのTシャツを着ているよ。部屋のエアコンの温度が低すぎて寒いから、毎朝着てるんだ。」

— でも決してステージの上では着ませんよね?

「俺は俺のやりたい様にやるよ。」

これぞまさにパンク! これからも末永く、元気な姿を我々に見せて欲しいものです。

[via : fashionista.com]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。