恒例となった『へうげもの』の単行本最新刊発売記念イベントが、柳橋と代官山にて同時開催されます。

by Mastered編集部

これまで当サイトでも何かにつけて話題にしている人気コミック、『へうげもの(山田芳裕著)』。その最新刊である「第10服」がいよいよ今週1月22日(金)に発売となるのですが、目白・ギャラリーFUURO「ト・コヲシケ」、目黒・クラスカ「へうげて、暮らすか」に続き、今回も発刊記念イベント『MEGYUWAZO』が催されます。

今回メインの会場に選ばれたのは、隅田川のほとり、柳橋のルーサイトギャラリー。戦前戦後の国民的芸者歌手「市丸」の旧邸を改造した、築六十年超の昭和情緒溢れる建物を舞台に、若手陶芸家ユニット「へうげ十作」陶芸展の他、単行本装丁者・シマダヒデアキ(L.S.D.)、『へうげもの×MANGART BEAMS T』をデザインした他社比社によるグラフィックや映像の展示などが行われます。

また、初日1月23日(土)には、18時よりオープニングパーティを開催。酒好きの多い「へうげ十作」たちの酒器で、東京を代表する蔵元・石川酒造の地酒「多満自慢」や地ビール「多摩の恵」が提供されるとのこと。しかも入場無料にも関わらず、はじめの一杯はサービスという太っ腹企画。
当日は陶芸家が多数在廊する予定だそうなので、うまい酒を片手に彼らの魅力に直接触れてみてはいかがでしょうか。
なお、今回の「へうげ十作」にはClusterイチ押し作家である二階堂明弘金理有なども参戦。どんな新作が登場するのか、今から楽しみです。

そして翌1月24日(日)には、現在二階堂明弘との合同展を開催中の「似非わび茶人」こと、一品更屋による「昭和ブルース茶会」を開催(有料)。
『「昭和」の酒場をイメージした席をしつらえ、本物のバーのマダムが酒・軽食・菓子・抹茶でおもてなし』へうげものオフィシャルブログより)してくれるそう。かなりへうげた茶会になること必至です。
先着5組限定なので、気になる方は早めにこちらまでお申し込みを。

さらに、『MEGYUWAZO〜へうげもの in 代官山』と題し、MANGART BEAMS Tもへうげもの一色に。グラフィックや映像の展示に加え、「へうげ十作」から益子が誇る2トップ、田村一と二階堂明弘、昨秋『情熱大陸』に出演した青木良太の陶磁器も展示・販売されます。
また、『へうげもの×MANGART BEAMS T』のTシャツにも新作が登場。作品に登場する名物茶器たちを並べた、ファン必携の仕上がりになっています。

今回も内容盛りだくさんのへうげもの展。是非足を運んでみてください。

 

【MEGYUWAZO〜へうげもの in 柳橋〜】
会期:2010年1月23日(土)〜29日(金)
会場:柳橋・ルーサイトギャラリー
   東京都台東区柳橋1-28-8 MAP
   JR総武線浅草橋駅東口・都営地下鉄浅草橋駅A6出口下車 徒歩5分
概要:
☆若手激陶者集団〈へうげ十作〉陶芸展
 出品予定作家:
  大江憲一 加藤素規 栢野紀文 金理有
  田村一 二階堂明弘 横山拓也
  服部将己(ゲスト参加) 小林敦(特別参加)
☆へうげものビジュアル展示・映写
 L.S.D.「へうげグラフィックス」
 他社比社「NONFICTIONへうげもの」
 ドトンパ映像堂「へうげものREMIX」
☆似非わび茶人・一品更屋「昭和ブルース茶会」
 1月24日(日)15:00〜19:00
 先着5組限定
 お一人様2,000円(酒・軽食・菓子・抹茶付)
☆開幕酒宴
 1月23日(土)18:00〜19:00 1ドリンク無料
 へうげ十作参加陶芸家・栢野紀文、横山拓也、
 大江憲一、加藤素規、金理有ほか在廊予定

【MEGYUWAZO〜へうげもの in 代官山】
会期:2010年1月23日(土)〜2月7日(日)
会場:代官山・MANGART BEAMS T
   東京都渋谷区猿楽町19-6 2F MAP
概要:MANGART BEAMS T『へうげもの』新作リリース
   へうげ十作・田村一、二階堂明弘、青木良太陶磁器、
   『へうげもの』複製原画、
   L.S.D.「へうげものグラフィックス」、
   他社比社「NONFICTIONへうげもの」展示
   ドトンパ映像堂「へうげものREMIX」動画映写

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。