江戸時代のユーモアとエロス。『HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE』が、春画に注目した新シリーズのポップアップを開催中。

by Mastered編集部

阪急メンズ東京 1Fイベントスペースにて、[HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE(オム プリッセ イッセイ ミヤケ)]が江戸時代に庶民の間で流行した浮世絵の"春画"に着目した『HARU SERIES』のポップアップショップを開催している。

HP_HnkyPpp_23NOV16_002
阪急メンズ東京 1Fイベントスペースにて、[HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE(オム プリッセ イッセイ ミヤケ)]が江戸時代に庶民の間で流行した浮世絵の”春画”に着目した『HARU SERIES』のポップアップショップを開催している。

江戸時代に花開いた春画は特別な存在として、エロチックというよりもユーモアを感じるおおらかな性描写だけでなく、細部まで描き込まれた着物の柄やインテリアの色鮮やかな描写が、世界中の美術愛好家を魅了し親しまれている。現代における男性の新しい日常着を提案してきた[HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE]は、江戸時代のユーモアとエロスが放つ生のエネルギーと、粋でおしゃれな生活スタイルを春画の中に見いだし、新たなシリーズへと展開した。

服にプリントされたのは、喜多川歌麿や葛飾北斎、鳥居清長の作品。喜多川歌麿による春画芸術の最高傑作と言われる『歌満くら』、葛飾北斎の『タコと海女』、『東にしき』、鳥居清長の『袖の巻』など。これらの作品を独自にアレンジした柄を羽織型のコートやブルゾン、シャツ、手ぬぐいに大胆に配した『HARU SERIES』の全てのアイテムが、阪急メンズ東京内のポップアップショップにラインナップ。

明日11月29日(火)までの開催となっているので、早速足を運んでみよう。

【HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE “HARU SERIES” POP UP SHOP】
期間:2016年11月23日(水)〜29日(火)
会場:阪急メンズ東京 1 階 イベントスペース (4 階常設)
住所:東京都千代田区有楽町 2-5-1
TEL:03-6252-1381

商品価格: コート(羽織型) 100,000円、コート 70,000円、ブルゾン 60,000円、シャツ 24,000円、手ぬぐい 3,000円など(全て税抜き)

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。