日比谷の過去と未来を体現したカクテルがHIBIYA CENTRAL MARKETに登場

by Mastered編集部

日比谷の過去と未来に思いを馳せるポップアップバー『TASTE OF TIME』が、7月15日(日)まで、HIBIYA CENTRAL MARKETで開催される。

クリエイティブなドリンク体験を提案するドリンクコンサルティングチーム、ABV+が手がける、今回のポップアップバー『TASTE OF TIME』。

日比谷の歴史を刻んできた記念年の年号をカクテル名に使い、その時代の人々のムードを、当時誕生したカクテルのツイスト(アレンジ)で表現した6種類のドリンクが登場する。

メニューの一例として、帝国ホテルのオープン年をもとにした『1890 IMPERIAL HOTEL』は、世界的に有名になった『バンブー』というカクテルを現代的にアレンジ。

また、日比谷の現在から未来をコンセプトにした『2018 – 20xx TOKYO MIDTOWN HIBIYA』は、飲む人が選ぶ未来によって味が変わるような一杯となっている。

その他にも、好奇心くすぐるクラシックでモダンなカクテルを楽しむことができるので、休日はもちろん、平日の仕事終わりに、さくっと足を運んでみよう。

TASTE OF TIME by ABV+

開催日時:~2018年7月15日(日) 15:00~22:30
開催会場:HIBIYA CENTRAL MARKET 一角内 POP-UP STAND
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
TEL : 03-6205-7894
http://hibiya-central-market.jp

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。