デザイナーの噂:ハイダー・アッカーマンがメゾン マルタン マルジェラのデザイナーに…?

by Mastered編集部

アントワープ王立美術アカデミー卒業後いくつかのメゾンで経験を積み、ラフ・シモンズをはじめとするデザイナーの友人の強力を得て、2002年秋冬のパリコレでデビューしたハイダー・アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)。彼が、メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)のデザイナーに就任するのではないかと噂になっているようです。

この話題は、ハイダー・アッカーマンが以前よりマルタン マルジェラを敬愛していることと、メゾン マルタン マルジェラからマルタン マルジェラ本人が抜けたのではないかという噂が重なったことから発生。
さらには T magazineのハイダー・アッカーマンのプロフィール内に「open to other possibilities(他の可能性に関して開かれているの意)」と記載され、彼が、自身の名前を冠したレーベルが存在する限りは他のブランドのデザイナーに就任する可能性についてもオープンだと語り、興味のある姿勢を見せたことから大きく発展した模様。

ただハイダー・アッカーマン本人は「その時期が来ればの話だ」と付け加え、メゾン マルタン マルジェラのデザイナーに就任することに関しても「何年も賞賛し続けた人に会って、その人の後任になることができますか? ヒーローには会わない方がイイ場合もあるんです」と、やんわり否定している雰囲気。

実際メゾン マルタン マルジェラが、マルタン マルジェラ氏以外のデザイナーを立てて、ブランドを継続させるかは微妙ですが、ディーゼルの傘下になってしまっている手前どんな人事が起こっても不思議ではないのも事実。
さて、この話題はどういう結末に辿り着くのでしょうか?

[via:The Cut]