新しいデニムを提案するカプセルコレクション。『G-Star RAW Research.』の第3弾

by Mastered編集部

G-Star RAW(ジースター ロウ)が、パリにて、伝統とイノベーションを融合させ、デニム作りの新たな方法を模索するカプセルコレクション『G-Star RAW Research.』の第3弾を発表した。

Aitor Throupのディレクションにより、2016年秋冬シーズンに誕生した『G-Star RAW Reserch.』。その第3弾となる今回は、エクルカラーや手染めによるインディゴカラーを施したアイテムのほか、素材をそのまま生かした状態で仕上げたCalico denim(カリコデニム)と呼ばれるアイテムで構成されるコレクションを発表。シルエットやシェイプに再解釈を加えたデニムやジャケット、新作ジーンズとなる『Spiraq』が登場したほか、計44色に手染めされた新作アイテムの展示も行われた。

また、今回のコレクションには、これまでメンズのみで展開されていたラインナップにウィメンズが初登場。女性らしさを損ねることなく、ミニマリズムと機能性を融合させたアイテムが提案された。

なお、同コレクションは、12月中旬より世界中のコンセプトストアにて取り扱われる予定。 

【お問い合わせ先】
G-Star International
TEL: 03-6890-5620
https://www.g-star.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。