グレンソン for オディンのシューズ

by Mastered編集部

ニューヨークのイーストビレッジにショップを構え、ベスト・メンズ・セレクトショップとの呼び声の高いオディン(ODIN New York)が、イギリスの老舗シューズメーカー「グレンソン(Grenson)」に別注したシューズコレクションが、この春お目見えするようです。

グレンソンと言えば、靴の聖地として知られるノーザンプトンの郊外に工房を開き、熟練した約130名の職人によって1足あたり200以上の工程を費やして靴を作ることで有名です。
そのため週産300足と量産を行なわず、優れた技術力や厳しい品質管理でも高い評価を得ています。

そんなグレンソンにて作り上げたシューズは、レザーのアンクルブーツとキャンバスのオックスフォードの2型で、ベーシックなデザインの中にさり気ないこだわりが詰め込まれていそうな美しいシルエットが魅力的。さらに、それぞれが350ドル、325ドルと手の届きやすい価格帯なのも嬉しいですね。

こちらのオディンやオープニング セレモニーのショップ勢に加え
先日紹介したダッキー ブラウンマーク マクナイリーのデザイナー陣など
今年のアメリカ勢は、かなり精力的に靴作りに励んでいるようですね。

しかも、どれも割りとお手頃でグッドデザイン。
どこか日本のセレクトショップがこれらをまとめて買い付けて、展開してくれませんかね?

[via:h(y)r collective magazine]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。