争奪戦の末、発砲事件にまで発展したMarmotの『MAMMOTH PARKA』をGOOD OL’が復刻

by Keita Miki

GOOD OL’(グッドオル)とMarmot(マーモット)のコラボレーションによって誕生した『MAMMOTH PARKA』が、10月20日(土)より、CIAOPANIC baseyard 原宿店内に常設ブースとして設置されるThe Apartment HARAJUKUにて、発売される。

2000年代後半、ニューヨークのUNION SQUAREにあるParagon Sportsで定価$630で販売されていたMarmotの『MAMMOTH PARKA』。

毎年発売される鮮やかなカラーリングがステータスアイテムとして注目されはじめ、XXLやXXXLのビッグサイズは、主にブロンクスの若いギャング達の間で大流行。より多くのカラーマーモットを集める事がギャングのイニシエーションとなり、ストリートでは”BIGGIE狩り”ともいえる現象が勃発した。

加熱は留まる事を知らず、2013年にはマンハッタンの中心でこのジャケットを強盗するために発砲事件にまで発展。こうした背景もあって、現在は廃盤になっている伝説のジャケットが、この『MAMMOTH PARKA』なのだ。

そんな『MAMMOTH PARKA』がこの度、満を持して復刻。

カラーはブラック、オリーブ、イエロー、イエロー×レッドの4色で、イエロー×レッドは、The Apartment HARAJUKUの別注カラーとなっており、いずれもカラーはM~XXLまでの4サイズ展開。

早期の完売が予想されるので、くれぐれもお見逃しのないよう、ご注意を。

【お問い合わせ先】
CIAOPANIC baseyard 原宿店
東京都神宮前6-12-22 秋田ビル 1F
TEL:03-3486-5118
https://www.palcloset.jp/shared/pc_pal/event/baseyard/

各69,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。