ガレス・ピューも 2010年春夏パリ・メンズコレクションに参加せず

by Mastered編集部

セントマーチンを卒業、ヴォーグの編集長であるアナ・ウィンター(Anna Wintour)を中心に多くのファッション業界関係者によって、その才能の素晴らしさを認められているガレス・ピュー(Gareth Pugh)。2009年秋冬のパリ・メンズコレクションで鮮烈なデビューを飾り、LVMHから資金提供があったことなどから、エディ・スリマン(Hedi Slimane)からクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)に引き継がれたディオール・オム(Dior HOMME)の後任デザイナーに就任するのでは、などの噂が立つほど注目されている新進気鋭のデザイナーです。

しかし、そんな彼が 2010年春夏パリ・メンズコレクションのスケジュールから姿を消してしまっているようです。

ブランドのスポークスマンによれば「2009年秋冬はメンズウェアをローンチするための仕掛け的なもので、 2010年春夏のメンズは10月に行われるウィメンズのショーとともに披露するつもりです」とのこと。

経済的な事情? ディオール・オムを手掛けるための準備?
さまざまな噂や憶測が流れているようですが、ヨウジヤマモトといい、コレクションに参加しないブランドが増えてしまうのはとても残念。
これ以上、不参加ブランドが増えないことを祈るしかありませんね。

[via:the Cut]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。