新プレミアムジーンズを使った斬新な戦略で株価を高騰させたGAP

by Mastered編集部

gap NYSE
先日新しいプレミアムジーンズ『1969』を発表したギャップ(GAP)が、アグレッシブなマーケティングアプローチを行ない、ちょっとした話題になっています。
それとは、先週の金曜日8月21日ニューヨーク証券取引所のトレーダーたちに、無料で提供したジーンズを着用させ取引を行なってもらうというもので、こういった行為は証券取引所の歴史上初めてだそう。

この戦略、意外にも効果を発揮したようで、最近損失続きだったギャップの株価を下げ止め、金曜日の取引終了時には19.48ドルまで跳ね上げた模様。これは昨年9月以来最も高い株価だそうです。

もちろん実際は投資家たちのギャップへの期待が株価を高騰させたとは思いますが、証券取引所のトレーダーにジーンズを穿かせてしまうという意外性のある行為が株価に影響したのかもなんて、とても夢のある話ですよね。

きっかけはどこに潜んでいるのか分からないので、ファッション界もつねにクリエイティブな思考でアプローチを続け、不況を脱却して欲しいものです。

[via:The Cut] & [via:UnBeige/Mediabistro]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。