来季からスタートする要注目ブランド『ガント バイ マイケル バスティアン』。そのファーストコレクションを先出しでちょっとだけ紹介します。

by Mastered編集部

マイケル・バスティアン(Michael Bastian)が、アメリカの老舗スポーツウェアブランド『ガント(GANT)』とパートナーシップを組んで、 2010年秋冬からスタートさせる『ガント バイ マイケル バスティアン(GANT by Michael Bastian)』。
NYファッションウィーク期間中 2月13日に、プレゼンテーション形式で発表されたファーストコレクションより、待望の画像&映像、そしてコレクションのテーマが届きましたので、紹介いたします。

まず、今回のテーマとなったのは「ラクロス」。ノースアメリカで生まれ、世界的にはあまり有名でないかもしれませんが、最近アメリカの大学際にて認識されつつあり、格闘球技とも考えられているちょっと男らしいスポーツです。
今回のコレクションでは、そんなラクロスにインスピレーションを受けつつ、スポーティとテイラーの要素を巧みに組み合わせたアイテムがメインになっています。さらに、『ガント』の伝統を尊敬しつつ、ドレスアップとウォッシュダウンを抜群のバランスで着こなすマイケル・バスティアン特有なスタイルを盛り込んでいるのも特徴です。

キーアイテムとしては、ウォッシュされたモールスキンのミリタリーピーコートやダウンジャケット&ダウンベスト、テイラードジャケットなどのアウター、厚手のニットやレースアップのラグビーシャツ、刺しゅうを施したコーデロイパンツや、サーモレギンス、メッシュジムパンツなど。その他のアクセサリーとして、サングラスや帽子、ニットスカーフもラインナップされます。

そして、日本ではすでにユナイテッドローズがバイイングすることを決定。今回紹介するルックのアイテムを中心に、この魅力的なコレクションを展開してくれるようです。これは嬉しいニュースですね。
秋冬のコレクションなので、入荷はもう少し先ですが、今からとても待ち遠しいです。

 

 

 

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。