コリン・ファース×キャメロン・ディアス×コーエン兄弟。映画『モネ・ゲーム』が5月17日(金)より公開決定。

by Mastered編集部

©2012 Gambit Pictures Limited

『英国王のスピーチ』にて第68回ゴールデングローブ賞主演男優賞に輝いたコリン・ファース(Colin Firth)と、キャメロン・ディアス(Cameron Diaz)の初共演で話題を呼んでいる映画『モネ・ゲーム(原題:GAMBIT)』が、ここ日本でも5月17日(金)より全国公開となる。

『Fargo』、『Barton Fink』など、数々の名作を生み出してきたコーエン兄弟が脚本を手がけ、マイケル・ホフマンが監督を務めた本作品は、コリン・ファース演じるカタブツ詐欺師と、キャメロン・ディアス演じる天然カウガールの“迷”コンビが、まさかの展開で、なぜか”計画倒れ”へと突き進む、世紀の泥棒エンタテインメント。5月の公開に向けて、今後さらに詳しい情報が公開されていくとのことなので、約3ヶ月後に迫ったその日を楽しみに待つとしよう。

その他、作品の詳細に関しては以下の通り。

【『モネ・ゲーム』】
2013年5月17日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
©2012 Gambit Pictures Limited

監督:マイケル・ホフマン『終着駅 トルストイ最後の旅』
脚本:コーエン兄弟『ノーカントリー』
出演:コリン・ファース『英国王のスピーチ』、キャメロン・ディアス『チャーリーズ・エンジェル』
アラン・リックマン『ハリー・ポッター』シリーズ、 スタンリー・トゥッチ『プラダを着た悪魔』
配給:ギャガ

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。