F.S.C.のカジュアルスーツ

by Mastered編集部


ニューヨークのLower East SideにあるFreemans Sporting Clubが手掛けた新しいスーツは、通称『the hobo suit(放浪者スーツ)』と呼ばれる、デッドストックのウール地を使用した味のある一着。
スマートなカッティングにパッチポケットが付けられたブレザーと、エディ・スリマンと言うよりはチャーリー・チャップリンを彷彿とさせるユッタリとしたパンツのセットアップだそうです。

これでジャケットが377ドル、パンツが312ドルなんだから、
かなり素晴らしい。
これこそまさに、僕らが今求めているカジュアルスーツ。

そろそろ、どこかのショップで展開してくれませんかね??

[via: men.style.com]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。