スタンリー・キューブリックによる幻の劇場映画『恐怖と欲望』が遂に日本上陸決定。

by Mastered編集部

650『2001年宇宙の旅』『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』など、革新的な映像で世界中の映画ファンを常に熱狂させて続けてきた巨匠、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)。Mastered読者の中にも多くのファンが存在するであろう同人物による幻の劇場映画『恐怖と欲望(原題:Fear And Desire)』が、2013年5月3日よりオーディトリウム渋谷ほかにて、遂にここ日本でも劇場公開されることとなった。
一般的に彼のデビュー作とされている『非情の罠』以前にわずかなキャスト&スタッフ、低予算で自主製作された本作品は、完璧主義者であるキューブリック自身が”アマチュアの仕事”として、プリントをすべて買占め封印してしまった幻の1本。このエピソードを聞けば、2012年3月にニューヨークのリンカーン・センターにて行われた特集上映の中で1つのプログラムとして上映が行われた際、大きな話題を呼んだのにも納得が行くのではないだろうか。

「世界のどこにもない どこでも起こっている戦争
その日4人の兵士たちは 人間であることをやめた」

その後のキューブリック作品をひも解く上でも重要な位置づけとなる本作。公開の日を今から楽しみに待つとしよう。

【スタンリー・キューブリック監督作品『恐怖と欲望』】
2013年5月3日(金)、オーディトリウム渋谷 ほか全国順次公開
監督・製作・撮影・編集:スタンリー・キューブリック 
脚本:ハロルド・サックラー(『非情の罠』『ジョーズ2』) 
音楽:ジェラルド・フライド(『突撃!』『ルーツ』)
出演:ケニス・ハープ(コービー中尉/将軍)/フランク・シルヴェラ(マック軍曹)/
ポール・マザースキー(シドニー二等兵)/スティーヴ・コルト(フレッチャー二等兵)ヴァージニア・リース(女)
(アメリカ/1953/62min./モノクロ/4:3スタンダード)

■あらすじ
どこかの国で起こっている戦争。爆撃を受け敵地の森へ墜落した4人の兵士たちがいた。
空軍の上官コービー中尉(ケニス・ハープ)、ベテランのマック軍曹(フランク・シルヴェラ)、
若い新米のシドニー二等兵(ポール・マザースキー)とフレッチャー(スティーヴ・コルト)二等兵。
彼らは森に沿って流れる河を、筏を作り下って脱出することを計画し、その対岸に敵軍のアジトを発見する。
マック軍曹は奇襲をかけることを提案するが、コービー中尉に反対される。翌日、河で洗濯中の地元の
女性(ヴァージニア・リース)に姿を見られた4人は彼女をベルトで木に縛り付け拘束する。
女性の見張をしていたシドニー二等兵は女性に欲情し犯そうとするが、彼女は彼を振り払って逃げ出す。
敵に知らされることを恐れたシドニー二等兵はとっさに腰につけた拳銃を抜き、彼女を射殺してしまうのだった・・・。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。