「Fast Company Magazine」が ビジネスシーンにおいて最もクリエイティブな100人を発表

by Mastered編集部

fastcompany
アメリカの経済誌「Fast Company Magazine」が、ビジネスシーンにおいて最もクリエイティブな100人「100 Most Creative People In Business」を発表したようです。

ファッション界からは、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)やジル・サンダー(Jil Sander)、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、フセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan)などのデザイナーや、The Sartrialistでお馴染みのスコット・シューマン(Scott Schuman)などが選ばれています。

他にもN.E.R.D.のファレル(Pharrell Williams)やダミアン・ハースト(Damien Hirst)、カウズ(KAWS)、日本からは宮崎駿氏や片山正通氏なども名を連ねている模様。

そしてそんな中、栄えある1位に輝いたのはアップル社(Apple)においてインダストリアル・デザインを手掛け、スティーブ・ジョブスの片腕としても知られる『ジョナサン・アイブ(Jonathan Ive)』。
彼は出身国であるイギリスでも、大英帝国勲章の中で三番目にあたる「Commander of the British Empire」を授与されている非常に優秀な方。

米TIME誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」も素晴らしいですが、クリエイティブなビジネスを手掛けているという評価も羨ましいですね。これからもっと多くの日本人が名を連ねるのを見てみたいです。

[via:Fast Company Magazine]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。