松田美由紀が表現者たちを撮りおろす、スペシャルな企画が再び。特設SNSにて撮影の舞台裏を公開!

by Mastered編集部

eyescream8
EYESCREAM 4月号(2014年)のバックカバーストーリーで掲載した、写真家としても活動する女優・松田美由紀が世界初のフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ [Sony]の「α7」を駆使し、10人(中島美嘉、鈴木杏、東出昌大、満島真之介、二階堂ふみ、VERBAL、金子ノブアキ、宇野薫、成海璃子、村上淳/敬称略、順不同)の表現者たちを撮りおろした好評企画――「10 CREATIVES in Full Size」が4ヶ月ぶりに復活。そして、今回は撮影現場に密着したメイキングも公開されることとなった。

去る今年2月には誌面と連動し、彼らの“等身大”――実寸サイズの全身写真を展示した「FULL SIZE OF ME 等身大写真展」が好評を博した。今回は表現者たちの“等身大”に対するアプローチを変え、ウェブ上でそのカタチを導き出す。本誌8月号のバックカバーストーリーに登場した井浦新を始め、吉永淳、村上虹郎、早乙女太一、窪塚洋介、太田莉菜、川上洋平([Alexandros])、臼田あさ美、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、大木伸夫(ACIDMAN)たちの撮影の舞台裏に追まったメイキング写真や映像、全身写真などを特設SNSにて本日より9月末まで順次公開していく。また本誌次号の9月号(8月1日発売号)に登場する方々の写真なども、もちろん公開予定だ。

被写体となる表現者にも錚々たる面々が顔を連ね話題になった本企画だが、本誌最新号においてもジャンルレスで豪華な表現者たちが同じく表現者である松田美由紀とレンズ越しに繰り広げる“対話”はライブ感に溢れるもの。その対話のなかで、松田美由紀はいかに彼らの内面と向き合っていくのか。 その問いにどのような“FULL SIZE OF ME(=等身大の自分)”をもって、被写体として応えていくのか。是非とも下記特設SNSをフォローの上、その“対話”を追っていただきたい。

【特設SNSページ“FULL SIZE OF ME”】
・FACEBOOK
https://www.facebook.com/fullsizeofme
・Twitter
https://twitter.com/fullsizeofme
・Instagram
http://instagram.com/fullsizeofme

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。