EDWIN TOKYO HARAJUKUのオープン4周年を記念した限定デニム

by Nobuyuki Shigetake

EDWIN(エドウイン)のコンセプトショップ1号店としてオープンしたEDWIN TOKYO HARAJUKUが2020年でめでたく4周年。これを記念して製作されたスペシャルなデニムパンツが、12月12日(土)にリリースされる。

今回は、1960年代から80年代の高度経済成長期にかけておこった旅行ブームで誕生した昭和の観光土産の定番品である観光ペナントにフォーカスした限定デニムを製作。

失われつつある日本文化へのリスペクトと啓蒙を大事にし、爆発的な流行がありながら過去のモノとなってしまった観光ペナントを新たにリメイクパーツとして活用。昭和当時の貴重な1点モノのペナントを1本ずつ手作業によってリメイクしているため、50本すべてが異なるデザインとなっている。

ベースとなるデニムは、綿糸本来の凹凸が残るヴィンテージライクなセルビッチ。オーガニックコットン糸を不純物のないピュアインディゴで染色し、100年の歴史を持つ日本綿布のシャトル織機でゆっくりと織り込むことで、より一層スペシャルな1本に。

販売は、EDWIN TOKYO HARAJUKUのみで実施予定だ。

【お問い合わせ先】
EDWIN Customer Service
TEL:0120-008-503
https://edwin.co.jp/shop/pages/special_concept_harajuku4th.aspx

各40,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。