Dos Monosのブレイン、荘子itによる初のレジデントパーティ『DIASCHOLA』

by Nobuyuki Shigetake

去る3月に1stアルバム『Dos City』をリリースし、シーンにおける地位を確立した3MC ヒップホップユニット、Dos Monos。そんな同ユニットの全楽曲のプロデュースを手掛けるブレイン的存在、荘子itがレジデントを務めるパーティ『DIASCHOLA』が、10月23日(水)に、渋谷のContactにて開催される。

記念すべき初回のゲストには、ジャズジャーナリスト・柳樂光隆、多岐に渡った活動を展開する音楽評論家の大谷能生、KEIJUのバックDJとしても活躍するHarada Kosuke、tomadやtofubeatsとともにネットレーベル・Maltine Recordsに携わってきた音楽ライター、imdkmらが登場。

フリージャズ、アブストラクトヒップホップからポップミュージックまでが渾然一体となった、ジャンルレスのスペシャリスト達が集う特別な一夜は音楽好きなら欠かさずにチェックするべきと言えるだろう。

詳細は以下のとおり。23時クローズのデイイベントとなっているので、気軽に足を運んでみよう。

DIASCHOLA

開催期間:2019年10月23日(水) OPEN / START 19:00
開催場所:Contact
料金:1,500円(ドリンク代別途)、1,000円(23歳以下)
http://www.contacttokyo.com/schedule/diaschola/

■出演
荘子it
柳樂光隆
大谷能生
Harada Kosuke
imdkm

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。