脱税問題に揺れる[Dolce&Gabbana]、廃業を示唆。

by Mastered編集部

dolce-gabbana-sentenced-to-jail-for-tax-evasion-1脱税問題で係争中の[Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)]が、廃業の危機に瀕している。同ブランドの創業デザイナーであるドメニコ・ ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)が示唆するコメントを発表した。
両氏は現地時間6月19日、イタリア北部のミラノ地裁で、脱税の罪においてそれぞれに執行猶予付きの禁錮1年8ヶ月と50万ユーロ(日本円でおよそ6,500万円)超の支払いを言い渡されている。両氏は容疑を全面的に否認し控訴する姿勢も見せていたが、当局が更に3億4,330万ユーロ(およそ446億2,900万円)の罰金を求めていることで、ドメニコ・ドルチェ氏は「終わらせるだろうね。どうしてほしいんだ?終わらせるしかない。もはや手に負えない。(操業を続けていくことは)不可能だ。」と語った。

検察の主張では、両氏は2004年、法人税率の低いルクセンブルグで”Gado”という名称のペーパーカンパニーを設立し、ブランドを同社に売却することで、本来イタリアで申告すべきだった約10億ユーロ(およそ1,300億円)を脱税したとしている。6月19日のミラノ地裁の判決は、この内約2億ユーロについて脱税を事実と認めるもので、両氏のほか、ドメニコ・ ドルチェの兄弟で[Dolce&Gabbana]の最高経営責任者であるアルフォンソ・ドルチェ(Alfonso Dolce)、最高財務責任者1名、取締役1名、法律顧問1名にも同じく執行猶予付き禁錮1年8ヶ月の有罪判決を言い渡した。

欧米における経済犯罪への懲罰は本件のように、“過度で・非現実的”とも言われるほど重いものが一般的となっている。

(1ユーロあたり130円での換算)
【出典】
http://www.vogue.co.uk/news/2013/07/25/dolce-and-gabbana-could-close-if-forced-to-pay-tax-evasion-fines
http://fashion.telegraph.co.uk/news-features/TMG10201478/Dolce-and-Gabbana-claim-they-will-go-out-of-business-if-forced-to-pay-tax-evasion-fine.html
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/ab958622-d8f4-11e2-a6cf-00144feab7de.html#axzz2a7IhSZku

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。