『ドクターマーチン』が誕生50周年を祝して、記念モデルを発表するようです。

by Mastered編集部

ドイツのクラウス・マーチン博士が開発したエアークッションの効いたバウンシングソールが特徴の『ドクターマーチン(Dr. Martens)』。
1960年にイギリスで発売されると、郵便局員や警察官・工場労働者などの間で人気を博し、後にスキンズやパンクスの足元を飾るブーツとして一世を風靡。現在もファッションアイテムとして多く方に愛用される世界屈指のブーツブランドです。

そんな『ドクターマーチン』が今年誕生50周年を迎え、記念モデルを発表するようです。
この記念モデル、ブランドを代表する8ホールの編み上げブーツと3ホールのオックスフォードシューズの2型で、イングランドのウーラストンにある工場で作られるそう。レザーもブランドでは初めてとなるスコッチグレインレザーを使用し、ハトメもゴールドで記念モデルにふさわしい高級感漂うデザインに仕上がっています。

そして、どちらも限定で前者が130ドル(約12,000円)で1460足、後者が100ドル(約9,000円)で1461足、ニューヨークとロスのオープニングセレモニー(Opening Ceremony)やニューヨークのトラッシュ&ヴォードヴィル(Trash & Vaudeville)、ポートランドやシアトルの直営ショップで販売される模様。

日本に入荷されるかは未定ですが、もしかしたらオープニングセレモニーか直営店に届くかもしれませんので、興味のある方はチェックしてみては。

[via:Style.com]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。