Diaspora skateboardsからブランド初のスケートデッキがドロップ

by Keita Miki

各10,500円 + 税
Diaspora skateboards(ディアスポラ スケートボード)によるブランド初のスケートデッキが、6月20日(土)に発売される。

2020年1月に開催されたフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』のローンチイベントも大盛況となったDiaspora skateboardsだが、『SYMBIOSIS』の発表を記念して製作された今回のスケートデッキは、同チームに所属するフォトグラファー・Cho Ongoの写真を使用したデザインと、グラフィックデザイナー・GUCCIMAZEによるロゴを全面に配置したデザインの2型。

それぞれ素材にはカナディアンメープルを使用し、木材の耐久性を持たせるコールドプレスを採用。日本の湿気に対応した接着剤を使用し、抜群の強度と耐水性を誇る。

販売はDiaspora skateboardsのオンラインストアと各取扱店にて60本限定での実施予定だ。

なお、このリリースにあわせて、前述した『SYMBIOSIS』のローンチイベントの会場のみで販売されていた各マーチャンダイズもオンラインストアに登場するそうなので、くれぐれもお見逃しなく。

【お問い合わせ先】
Diaspora skateboards
https://diasporaskateboards.com/

各10,500円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。