DAIRIKUの2020年春夏コレクションが公開

by Keita Miki

岡本大陸の手がけるブランド、DAIRIKU(ダイリク)の2020年春夏コレクションが公開された。

シーズンテーマは”Beachside Hotel”。

1960年に公開されたAlain Delon(アラン・ドロン)主演の映画『太陽がいっぱい(原題:Plein Soleil)』をインスピレーションソースとした今シーズンは、あえて夏らしい原色を多用せず、仄暗いダストカラーを使用する事で、作品全体の空気感を表現。

某映画配給会社のロゴをサンプリングしたオリジナルアロハ柄のセットアップや、定番のトラッカージャケット、スタプレパンツの新色に加え、主人公がアメリカからヨーロッパに渡るストーリーに沿い、ヨーロピアンヴィンテージを彷彿とさせる品番をコレクションに加える事で、ユースカルチャーを体現していたこれまでのDAIRIKUには無い、大人な雰囲気を演出した。

また、テーマにちなんで、ホテルのアメニティから着想を得たパジャマシャツ、タオル地のロングスリーブTシャツ、室内用スリッパを模したレザーサンダル、栓抜き型のチェーンネックレスなど、ユニークな着眼点のプロダクトもラインナップ。

【お問い合わせ先】
4K
TEL:03-5464-6061
https://www.instagram.com/dairiku/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。