C.P. カンパニーのヘッドデザイナーに、ウォレス・フォールズが就任

by Mastered編集部

カルロ・リヴェッティ(左)とウォレス・フォールズ(右)<br>Photo courtesy of C.P. Company

カルロ・リヴェッティ(左)とウォレス・フォールズ(右)
Photo courtesy of C.P. Company


ミリタリーとワークウェアの実用性に、卓越したテイラーリングを融合させた日常着をデザインすることをモットーに、1975年にイタリアで創業したC.P.カンパニー(C.P. Company)に、この度新たなヘッドデザイナーが就任した模様です。

その人の名は、ウォレス・フォールズ(Wallace Faulds)。スコットランドに生まれ、ロンドンのキングストン大学でファッションを学ぶ。その後はバーバリー(Burberry)とグリフィン(Griffin)にて腕を磨き、2005年から2009年2月までは、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)のメンズラインのヘッドデザイナーに就いていた実力者です。

C.P. カンパニーのプレジデント、カルロ・リヴェッティ(Carlo Rivetti)は、「ウォレスがすべきことは、急進的な変化ではなく(ブランドとしての)根本を強化させることだ」と語り、「彼の新鮮で国際的なビジョンを持ってすれば、ブランドの進化に自然と貢献してくれるでしょう」とも付け加え、ウォレス・フォールズへの期待を表現したそう。

そして、気になるウォレス・フォールズのデビューは、7月にミラノで行なわれる2010年春夏コレクションになるとか。

新たな息吹が吹き込まれ、どんなブランドに進化を遂げるのか今から楽しみですね。

[via:FASHION WINDOWS]