ラルフ・チルドレンのマシュー・テリーが手掛ける『コベントリー』

by Mastered編集部

coventry
アメリカでは、キャリアにおいてどこかでラルフ・ローレン(Ralph Lauren)の仕事に携わってきたデザイナーが大活躍していますが、また一人注目すべきデザイナーが登場しているようです。

その人の名は、マシュー・テリー(Matthew Terry)。ケントステート大学でファッションデザインの学位を取った後ニューヨークに移り、ラルフ・ローレンやダナ・キャランにてスキルを磨いた有能なデザイナーです。

ラルフ・ローレンではシニア ニットデザイナーのポジションに就き、ウィメンズコレクション、パープルレーベル、ブラックレーベルのデザインを行ない、ダナ・キャランに移籍してからも同様にシニア ニットデザイナーとして活躍したそう。

その輝かしい経歴は伊達ではなく、ニット類のクオリティは折り紙付き。アメリカではオディン(Odin New York)やパス デ ドゥ(Pas de Deux)などで展開されているようですが、まだ日本での展開はない模様…。

正直日本で展開するときの価格は気になりますが、スコティッシュな雰囲気のこの手のニット類は結構受けるはずだと思います。

[ 2008 秋冬コレクション ]

Coventry from hartman on Vimeo.

[via:Kempt]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。