日本未発売ライン[Converse Skateboarding]がUCSに登場。

by Mastered編集部

日本未発売ライン[Converse Skateboarding]がUCSに登場。

0132
誰もが知るアメリカの定番スニーカーブランド[Converse(コンバース)]。バスケットボールを中心としたスポーツ界はもとより、ファッションシーンでも抜群の知名度を誇った同社ですが、2001年には米連邦倒産法第11章の適用を申請し、倒産してしまいます。その後再建が進み、2003年には[Nike(ナイキ)]によって買収され現在に至るのですが、ここ日本では伊藤忠商事によりコンバースジャパン社が2002年に設立され、ライセンシーにより本国とは全く異なる独自の商品展開がなされています。

そして今回ご紹介する[Converse Skateboarding(コンバース スケートボーディング)]は、日本では展開されていない本国企画のスケーター向けライン。しかも限られたスケートショップのみの取り扱いという、マニアにはたまらない希少種なのです。

そんなレアアイテムを、横浜が誇る名セレクトショップUCSが捕獲。『CTS(Chuck Taylor Skate)』という、文字通りコンバースが誇る永世定番品である『ALLSTAR』をベースにしたものと、これまた往年の名作『PRO-LEATHER』をスケート向けに最適化したものという、計2モデルが並行輸入によりラインナップされます。

CTSの方は、適度にボリュームアップされたタンやアンクルパッドに加え、アッパーと同色のトゥキャップが目を引く逸品。クッションインソールの採用により、履き心地が劇的に改善されている点も見逃せません。アッパーはキャンバス素材で、カラーがブラック、ホワイト、そしてオレンジがかったイエローという3色。シューレースがそれぞれ2色ずつ付属するので、気分によって付け替えてみてもいいかもしれませんね。

プロレザーは、シンプルなオリジナルデザインを尊重しながらも、現代のスケートシューズ然としたボリューム感を纏った、より本気度の高いモデル。CTS同様クッション性にも優れています。こちらはブラックのスウェードとホワイトのスムースレザーという2色展開。どちらも質感の高い仕上がりです。

そしてこれらのアイテムは新年1月2日(土)の初売りより発売開始予定とのこと。福袋も用意されるそうなので、川崎大師や鶴岡八幡宮への初詣と合わせて横浜散策なんていうのも素敵かもしれませんね。なお、1月2日と1月3日のみ営業時間が10:00〜17:00となるそうなので、ご注意を。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。