反ユートピアで暴力に満ちたペインティング。その裏に隠されたメッセージとは?

by Mastered編集部

LAをベースに世界中で活躍するペインター、Cleon Petersonが日本初の個展『Into the Sun』を開催。DIESEL ART GALLERYにて5月27日(金)から8月12日(金)までの期間限定で、巨大作品を含む10作品以上の新作ペインティングを中心に展示する。

LAをベースに世界中で活躍するペインター、Cleon Petersonが日本初の個展『Into the Sun』を開催。DIESEL ART GALLERYにて5月27日(金)から8月12日(金)までの期間限定で、巨大作品を含む10作品以上の新作ペインティングを中心に展示する。

Cleon Petersonの作品の特徴は、何といっても反ユートピアな無秩序で暴力に満ちたペインティング。変動する現代社会構造の中、権力と服従の間で起こる闘争などをテーマに不安に満ちた世界を描く彼の作品は、世界中から注目されている。

今回の展示では、人間の価値が破壊され、闘争と報復のイデオロギーが支配する世界を表現。幻影と理想を押し付け合う文化や宗教の対立。そして戦争兵器によって支配され価値のなくなった人の命などを、Petersonが独特なタッチで描く。

一件暴力的にも感じるが、これら作品の中心にあるのは、世界をあるがままの純粋な姿にしたいという強い欲求だという。是非この機会に会場に訪れて、彼のアートを感じてみてほしい。現代社会を見つめ直すキッカケになるかもしれない。

Into the Sun

開催期間:2016年5月27日(金)〜8月12日(金)
開館時間:11:30〜21:00
開催場所:DIESEL ART GALLERY
東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:03-6427-5955
www.diesel.co.jp/art

n1−2.ai

The Shadows of Night, 2016 ©Cleon Peterson

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。