ファッショニスタの自転車拝見!「Check Your Bike」〜 #11 足利敏浩(Blue Lug オーナー)

by Mastered編集部

お洒落な人はやっぱり自転車もお洒落だった!ファッション業界のみならず、各方面の第一線で活躍する方々の自転車とそのファッションをスナップして、ややエンスー気味にお届けするこちらの企画。今回は、絶大な人気を誇るサイクルショップ、Blue Lugのオーナーである足利敏浩氏とその愛車『隆天ワークス(REW10WORKS)』のシングルスピードバイクが登場です!!

ded67f50
お洒落な人はやっぱり自転車もお洒落だった!ファッション業界のみならず、各方面の第一線で活躍する方々の自転車とそのファッションをスナップして、ややエンスー気味にお届けするこちらの企画。今回は、絶大な人気を誇るサイクルショップ、Blue Lugのオーナーである足利敏浩氏とその愛車『隆天ワークス(REW10WORKS)』のシングルスピードバイクが登場です!!

#11 足利敏浩(Blue Lug オーナー)

足利氏32歳の誕生日にプレゼントとして貰ったというこのフレームは、東京文京区にて独創的なカスタムビルドフレームを制作する隆天ワークスの手によるもの。その記念に、名前や日付などが刻印されたスペシャルな1台です。

誕生日のエピソードに関しては、ブルーラグのブログにお任せするとして、まずはコーディネートからチェックしていきましょう。枯れた色合いが春らしいチェックのシャツに、細畝のコーデュロイパンツを合わせ、足元には[Converse Skateboarding(コンバース スケートボーディング)]のデッキシューズをチョイス。そして、シャツに施された刺繍のカラーをフレームとさりげなく色合わせ。リラックスした装いながらも、ブルーラグのオーナーらしい感性がきらりと光ります。

ebbc888f
■Bike Spec
フレーム: REW10WORKS FRAME
フォーク: REW10WORKS FORK
ヘッドパーツ:Chris King
ステム:TNI
ハンドル:SOMA “Sparrow Bar”
クランク:White Industries “eno single speed crank”
ハブ:PHIL WOOD
リム:DT SWISS “RR465 rim 700c”
フリーギア:White Industries “dos eno duble free wheel”
ブレーキ:PAUL COMPONENT “racer brake”
サドル:BROOKS “team pro classic”
シートポスト:3TTT “MUTANT”
ペダル:CRANK BROTHERS

それでは皆様、おまちかね。エンスー気味に自転車のパーツ構成を見ていきましょう。クランクやフリーギアなどの駆動系にはカリフォルニアが誇る高品質コンポーネントメーカー[White Industries]のもの、ハブには精度に定評のある[PHIL WOOD]、リムにはスイス発の高性能ホイールコンポーネントメーカー[DT SWISS]のものをセレクト。さらにペダルには[CRANK BROTHERS]のビンディングペダルを採用しています。どのパーツも見た目だけではなく、その性能にもこだわり、自転車に乗る楽しさを引き出してくれる1台ですね。片側には登りと下りでギア比を変えられるように設計されている[White Industries]の2枚歯フリーギア、もう一方には固定ギアと、シングルスピードのフレームなのに、3度ギア比を変えられる仕様になっているのもポイントです。

そして、何より注目はバーテープの巻き方。2本のバーテープを用いて、互い違いに巻いていく、その名も“忍者巻き”。日本刀のように細く、刻印が施されたフレームによく似合います。この巻き方は巻くのが非常に難しく、お店でオーダーされた場合には、最低でも丸1日、時間を貰うのだとか。

さて、今回のスナップはいかがだったでしょうか。ブルーラグには、オリジナルの新作バックパックやさまざまな新作パーツも入荷予定とのことですので、気になる方はぜひ一度店頭まで足をはこんでみてください。

【お問い合わせ先】
Blue Lug
東京都渋谷区幡ヶ谷2-32-3 MAP
TEL:03-6662-5042
営業時間:14:00〜22:00(水曜定休)
http://bluelug.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。