エクストリームスポーツの撮影にも最適なCASIOの新タフネスカメラ『Gʼz EYE』

by Mastered編集部

CASIO(カシオ)より、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影に最適なタフネスカメラの新ブランド『Gʼz EYE(ジーズアイ)』がローンチ。10月27日(金)に耐衝撃性能、防水性能、防塵性能、耐低温性能を備えたニューモデル『GZE-1』が発売される。

『GZE-1』は、ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど、様々なエクストリームスポーツでの使用に耐えることができる4m落下耐衝撃性能、50m防水性能、IP6Xの防塵性能、-10℃の耐低温性能を搭載。

また、190.8°(静止画)/170.4°(動画)の画角で撮影できる超広角レンズや、決め技の瞬間など、動画の一部だけをスローモーションで撮影可能なドラマチックスロー機能も完備されており、エクストリームスポーツの劇的な瞬間を逃さず撮影できる。

デザインはシンプル且つ武骨なフォルムが特徴的。また、撮影時に手にフィットするようにボタンの大きさやボタン間のスペースも緻密に計算されているので、操作も楽々だ。

さらに無線LANで本体と接続して、スポーツ時の撮影でも快適に操作できる専用アプリや別売りのリモートコントローラーやハーネスなどでカスタムすると、撮影の幅がグッと広がる。

CASIOからリリースされている、タフネスウォッチとしてお馴染みの『G-SHOCK』や、アウトドアシーンに最適なセパレート型デジタルカメラ『Outdoor Recorder』シリーズで培ってきた知識や経験を結集して開発された、至極の逸品をくれぐれもお見逃しなく。

【お問い合わせ先】
CASIO
TEL:03-5334-4611(デジタルカメラ専用)

オープン価格

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。