ベルンハルト・ウィルヘルムがデザインしたカンペールの限定コレクション

by Mastered編集部

camper-together-bernhard-wilhelm
1992年バルセロナ・オリンピックの年に海外進出を計り、日本でも浸透したスペインのカジュアルシューズブランド『カンペール(CAMPER)』。上陸当初に販売されていたキャンバスのデザートブーツは、原宿界隈で一大ブームを巻き起こしました。

そのカンペールが2008年よりスタートさせたコラボレーション企画のデザイナーとしてベルンハルト・ウィルヘルム(Bernhard Willhelm)を招き入れて発表したコレクションモデルが、ついにマーケットに姿を現すようです。

今回登場するメンズのシューズは、アントワープ系の成長株として注目され、毎シーズン遊び心を感じさせる独創的なコレクションを発表してきたベルンハルトがデザインしたとは思えない程ベーシックな仕上がり。

それはまるで、アローモカシン(Arrow Moccasin)やユケテンなどが手掛けるアメリカ的なダブルリングタイプのモカシンで、ベージュと赤のヌバック仕様。

決して魅力的ではないとは思いませんが、この辺にまでアメリカンスタイルが影響を及ぼしているのには正直驚きですね。

[via:HIGHSNOBIETY]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。