90年代のデザインを現代的に落とし込んだ、BuddyOpticalの新作アイウェア

by Mastered編集部

eis(グラス):28,000円 + 税、 eis(サングラス):29,000円 + 税
BuddyOptical(バディオプティカル)より、アイウェアのトレンドであるヴィンテージを掘り下げたスタイルながら、現代にフィットするように製作された2型の新作が登場する。

今回リリースされる『eis』は、各パーツの線を細くしつつ、全体のサイズをやや大きめに設定することによって、90年代を代表するリムレス(フチなし)モデルのような脱力感を演出した逸品。ともすれば、ただ古臭いだけになりかねないバランスを、ボストン型のレンズシェイプを採用することで、今の空気と絶妙にマッチさせた。

この『eis』のフロント上部に1本の線を加え、イメージを変化させたモデルが、もうひとつの新作である『his』だ。こちらは、90年代当時のカルチャーやモードファッション、またそれらに影響を受けている現代のファッションやストリートシーン、そのどちらにも対応できるようなモードな面持ちに仕上げられている。

いずれのモデルも7月末より発売される予定となっているため、取扱店舗への入荷情報をしばし待つとしよう。

【お問い合わせ先】
howse/BuddyOptical
大阪府大阪市西区京町堀1丁目13-23
TEL:06-6147-8834

his(グラス):29,000円 + 税、his(サングラス)30,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。