ブルーノ・ピータースが『ヒューゴ バイ ヒューゴ・ボス』のクリエイティブディレクターを辞任。

by Mastered編集部

アントワープ王立芸術アカデミー在学中より注目を集め、卒業後はマルタン・マルジェラや、クリスチャン・ラクロワのクチュール部門でアシスタントを経験。エッジを利かせたデザインで脚光を浴びたブルーノ・ピータース(bruno Pieters)。
2007年からは『ヒューゴ・ボス(Hugo Boss)』にて『ヒューゴ バイ ヒューゴ・ボス(Hugo by Hugo Boss)』のクリエイティブディレクターを務めていましたが、そのポジションを辞任し、自らのシグネチャーブランドに専念することが決まったようです。

手頃な価格で、ブルーノ・ピータースのデザインを楽しめたラインがなくなってしまうのは残念ですが、仕方がありませんね。
ただ、新たに限定のキャンドルを手掛けたり、活躍の幅は広がっているようなのでこれからも期待は出来そうです。

[via:The Fashionisto]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。