[BRÚ NA BÓINNE]の2015年春夏コレクションが公開。

by Mastered編集部

大阪を拠点とする旅姿七人社が1997年よりスタートさせたブランド[BRÚ NA BÓINNE(ブルーナボイン)]の2015年春夏コレクションが公開された。

00
大阪を拠点とする旅姿七人社が1997年よりスタートさせたブランド[BRÚ NA BÓINNE(ブルーナボイン)]の2015年春夏コレクションが公開された。

シーズンテーマは”What a Wonderful World”。例えば素材なら、極細長繊維によるペーパーライクな生地や、ドライでケミカルなタッチのコットン。デザインならポップなアメコミ調の和柄や、リメイク箇所が実は青い海に浮かぶ島になっているデニム。

耳をすませばそれらのディテールから、「見えているだけが全てじゃない」とのフレーズが聞こえてくるのと同じく、どのアイテムでもルイ・アームストロングによる永遠の名曲”What a Wonderful World”に敬意を表しつつ、[BRÚ NA BÓINNE]ならではの”素晴らしき世界”を表現した。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。