[BRÚ NA BÓINNE]の2014年春夏コレクションが公開。

by Mastered編集部

mainbru
大阪を拠点とする旅姿七人社が1997年よりスタートさせたブランド[BRÚ NA BÓINNE(ブルーナボイン)]の2014年春夏コレクションが公開された。

シーズンテーマは”もう戻ることの出来ない 子供時代をみるような 幻想的な世界へ”。
独自のオリジナルストーリーを元にコレクションを発表する同ブランド。今回のオリジナルストーリーは以下のようなものとなっている。

virtuoso(ヴィルトゥオーゾ)
友人のピアニストが、ドクターを自身の演奏会に招いた
彼は、「ピアノ演奏史上最高のメカニック」と呼ばれている
ドクターとは、幼馴染みで、小さい頃から仲が良く
その友情は、いくら歳を重ねたところで変わることがないと互いに思いあっている
彼らは、まるで一人の人間の陽と陰の部分を分け合ったように
そっくりでありながら、全く異なっていた
ドクターは、子供の頃から爆発的な陽を発散する芸術家肌であり
ピアニストは、冷静沈着で思慮深く、まるで哲学者のようであった
全く子供らしくない子供で、友達とふざけあったり
はしゃいだりということが苦手なピアニストであったが
何故かドクターにだけは、ピアニストの痛々しいくらいに
無垢で純真な童心を感じ取ることが出来た
ピアニストは、ドクターが先頃出版した絵本に感銘を受け
どうしてもドクターに聴かせたい曲があり、この演奏会に招待したのだった
高名なピアニストの公演としては、非常に小さな300人も収容すればいっぱいの会場は
もちろん満席で、入りきれない客が、少しでも微かにでもピアニストの演奏が聴こえればと
何百人も会場を取り囲んでいた
割れんばかりの拍手と歓声に包まれ、最後の曲の演奏を終えたピアニスト
深々と下げていた頭を上げると、短く感謝の言葉を述べ
続けて「長年の友人に」と再びピアノに向った
奏でられた曲は、シューマンの『子供の情景』
もう戻ることの出来ない子供時代を夢見るような 愛らしくも幻想的な演奏が
空間を優しく包み込んでいく・・・
楽屋を訪れたドクターは、大きく手を広げ
尊敬と親愛を込めて、こう呼びかけた

「ヴィルトゥオーゾ」

fin.

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

1108 16278

1108 16545

1108 16754

bnb

お問い合わせ先

BRÚ NA BÓINNE TOKYO

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町12-9 MAP
Tel:03-5728-3766
営業時間:11:00〜20:00
http://bnb.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。