ブルース・ウェバーが撮影したモンクレールの秋冬キャンペーンフォト

by Mastered編集部

moncler
80年代に撮ったカルバン・クラインの広告キャンペーンで絶大な評価を得て以来、つねに第一線で活躍し続けるフォトグラファー、ブルース・ウェバー(Bruce Weber)。
彼が撮影したモンクレール(Moncler)の秋冬キャンペーンフォトが公開されたようです。

最初ブルース・ウェバー自身もキャンペーンに出演して欲しいと依頼された際、ブルースは断りを入れたようですが、モンクレール側がアニマル・セラピーを推進する団体「Green Chimneys」に10万ユーロを寄付することが条件に加わったため、この依頼を受けたというエピソード付きのこの広告キャンペーン。

結局、自身の出演ではダウンを着用することなく、カメラに埋もれベッドで眠る姿に。
他の写真もフードで顔を覆ったモノや、ダウンで作った大玉を上半身裸の男性たちが丘へ押し上げているモノ、特注で仕上げた犬用のダウンをブルースの飼う犬たちに着せたモノなど、かなり独創的な発想で撮りおろされた作品になっています。

このキャンペーンが既存のモンクレールファンに受け入れられるかは疑問ですが、こういったチャレンジが出来るモンクレールは素晴らしいと思います。

moncler-fall-2009-00moncler-fall-2009-02moncler-fall-2009-03

 
[via:SELECTISM]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。