復活するビル・ブラスのトップデザイナーにリチャード・チャイが就任?

by Mastered編集部

1970年に創業し、エレガントで上質なコレクションを展開してきたファッションブランド「ビル・ブラス(BILL BLASS)」。
1990年にデザイナーであるビル・ブラス氏が引退し、2007年よりピーター・ソム(Peter Som)がウィメンズのクリエイティブディレクターに就任(メンズは マイケル・バスティアン)したにもかかわらず、わずか1年で退任してしまい、クチュールビジネスまでもが営業停止。2008年年末にはブランドを所有していたネクセン・ブランズ(NexCen Brands)が、韓国のピーコック・インタナショナル・ホールディングス(Peacock International Holdings)にライセンスを売却されました。

そんなブランドの再生を図るために白羽の矢が立てられたのが、リチャード・チャイ(Richard Chai)のようだと Fashion Week Dailyが報じたようです。

リチャード・チャイは、かつてマーク・ジェイコブスのデザインディレクターをつとめ、アメリカの量販チェーン「ターゲット(Target)」とのコラボラインも手掛ける若手注目株のアジア系デザイナー。

リチャード・チャイのスポークスマンはコメントを避けているようですが、恐らく彼で決まるのではないかと予想されているようです。

今季よりメンズもスタートし(アメリカン ラグシーにて展開)、勢いに乗るリチャード・チャイがこのブランドを再建してくれたら、またアメリカを活気づける追い風が吹くと思います。

[via:the CUT]